「黒パグ*まろ」今日もブヒブヒですよ!

「CooL*Dogs」のモデル犬&営業部長である「まろ」との日常を綴っております。ブヒブヒっとね♪

2013-09-16-Mon-04:33

【 ハイキング部 】 富士山に登ってきました

今日もぶひぶひです♪



20130830-1.jpg

ちょっと前の事ですが、8月29日~30日にかけて

富士山に登ってきました。今回は安全を考えてツアー参加で。

新宿から高速バスで富士吉田五合目まで行き、そこから登山開始です。



でもね、今回は一眼レフを持っていったのですが、

あんまり自分が撮りたいところで写真が撮れなかったのよね。

これがツアーの欠点とでもいいましょうか、集団行動なので

一人でモタモタしていられないんですよねぇ。なので写真は

休憩時にしか撮れなかったんです。

20130830-2.jpg

登り始めはこんな感じ。平日にもかかわらず登山客が多いです。

さすが世界遺産登録されただけあるわ~。

もう5合目あたりから森林限界を超えており

背の高い木々はありません。

20130830-3.jpg

6合目あたりでしょうか。雲がサーっと流れてきては

あっという間に目の前が真っ白になります。

そして、ひんやりした空気が流れてきます。

鉄骨の工作物は雪崩止めのために設置されているそうですよ。

富士山の初雪は9月頃から降りますら、真冬はすごい事に

なるんでしょうね。

20130830-4.jpg

7合目の少し手前の岩場です。登山らしくなってきましたよ~。

なかなか岩場を登ることなんてないですから貴重な経験です。

20130830-5.jpg

7合目の山小屋トモエ館の前です。多くの人が休憩しています。

このあたりで標高2800mくらいですかね。

空気もだいぶ薄くなってきており、岩登りではゼェゼェ、ハァハァでした。

20130830-6.jpg

標高が高いので空が近いです。雲も近いし、太陽も近くて眩しい。

20130830-7.jpg

地表は溶岩の岩だらけ。草もわずかしか生えておらず

虫もいないんですよ。ところどころに小さな花が咲いているのですが

それだけしか地面に栄養分がないってことなんです。

それほど過酷な環境なんですね。

20130830-8.jpg

8合目手前にある亀岩です。亀の形をしているからとの事でしたが

う~ん、どう見てもワニワニパニックの鰐にしか見えない…。

このあたりからだいぶ風が強くなってきました。

なにせ風をさえぎる木々が生えていないので、強風が吹くと

身体がヨロッとします。気を抜くと危険なので、しっかりと

地に足をつけて歩かないといけません。

20130830-9.jpg

だいぶ登ってきました。写真左下の三角形に見える場所は富士吉田市

右下のちょと色が違う場所は富士吉田駐屯地で自衛隊の軍事演習場です。

富士山の上部までドーンって砲弾の音が聞こえてきます。

なんかちょっと怖いな…。

20130830-10.jpg

そろそろ標高3200mの8合目のトモエ館に着きます。

1日目はここで仮眠をとり、朝の2時に起きて夜中に山頂を目指し

ご来光を拝む予定です。ここでは高山病にならないために

高度順応も兼ねています。晩ご飯はカレーライス。

いやぁ~、疲れた後のご飯はウマイねん!



山小屋の写真がなくて残念ですが、寝る場所とかも超狭いんですよ。

いわゆる雑魚寝ってやつです。でも今回は女性安心ツアーなので

寝床は女性だけです。これはツアーの良いところですね。

布団はせんべいで、掛け布団をめくると…ん、砂!?

おまけに枕に血!?…枕カバーは無料で貸してくれましたが

いやいや、山小屋ってこんなとこなのか…。

山の環境なので、さほど期待はしていなかったが

砂とか血ってどうなの?日常ではありえないので

ちょっとビックリしましたが、どうにもこうにも疲れていたので

そんなことはどーでもよくなって、とりあえず布団にもぐりこんで

寝ることに。それにしても寒くてね、持ってきた防寒着も

全部着て寝ましたが、なかなか身体が温まらず寝つけなかった。



でも安心して寝ているのも束の間。だんだんと風が強くなってきて

ゴーゴーとすごい音がして眠れません。台風並みの音で

山小屋もちょっと揺れてない?



…そんな感じで1時間くらいしか寝ていない状態。

2時に起きても、まだ外はゴーゴーと風の音がすごい。

ガイドさんが風が強くて山頂まで行けないかも、

と言っていたのですが、なんとか登れるだろうとの判断で

山頂を目指すことになりました。気を抜くと強風で

身体があおられるし、夜で足元も悪いので、危険を承知で

出発することになりました。



なんとか山頂まで登りきりましたが、山頂は霧で真っ白…。

風もおさまらず、山頂で立っているのも危険な感じ。

ご来光を待っている人達は岩陰に隠れてしゃがんでおり

なんとか風をやりすごしている状態でした。

ガイドさんはご来光は無理と判断し、一先ず山小屋に避難し

暖かいものを飲んで休憩した後、早々に下山することになりました。



下山の時も突風にあおられてヨロヨロしながらでした。

途中で雲間からちらほらとご来光が見えたのですが

歩きながら写真をとれるはずもなく…。

20130830-11.jpg

↑結局、ご来光はこんな写真しかとれませんでした。

20130830-12.jpg

しばらく歩くと霧も晴れ、雲海が!

これが日本一のお山の景色なのね~。

20130830-13.jpg

山中湖がキレイに見えましたよ。

山中湖ってクジラの形をしているっていいますが、

ちょうど偶然にも↓この雲もクジラの形に見えたんですよね。

20130830-14.jpg

気のせいでもいいんです。自然ってすごいな~って

思っただけなんで。

そんなこんなで無事に8号目のトモエ館まで戻ってきまして

朝食をとったらまた5合目に向けて下山です。

20130830-15.jpg

ひたすら砂の斜面を下ります。…これが登りよりもキツイ。

40分下っては10分休憩の繰り返し。

時々、左膝がピキッと痛むことがあって、やばいな…

最後までもつかな…ってちょっと心配だったのよね。

20130830-16.jpg

いやいや、私的にはもっとこまめに休憩をとってもらいたいが

これがツアーのダメなところ。決して自分のペースでは歩けない。

20130830-17.jpg

だいぶ下って、山中湖が大きく見えてきました。

20130830-18.jpg

ふぅ、緑が見えてきた。

20130830-19.jpg

なんか生き物の気配があるとホッとするね。

20130830-20.jpg

そんなこんなで、無事に5合目まで帰ってきました。

しかし、その頃には左膝にはかなりのダメージを受けておりまして

スバルラインの5合目まで歩くのが辛い…。

左足に体重がかかるたびに膝に傷みが…。

登山用のストックは、すでに松葉杖と化しており

左膝をかばいながら、なんとか高速バスまで辿りつきました。



帰りはおみやげを買い、河口湖で温泉に入り、あとは寝てたら

新宿駅に到着。そこから、駅の階段を降りるのが大変でね~。

左膝が痛くって、普通に階段が降りれないのよ…。

限界を感じたね。そんな富士登山でした。笑



…その頃まろさんはと言いますと、パグ友さんのお宅で合宿してました。

いい子にしていてくれたらしいのですが、ちょっとストレスを感じたらしく

何度も何度もトイレでチョビチョビとしっこをしていたらしい…。

なので、帰りにまろさんを引き取って一緒に帰宅しました。

家に着いてまろさんを入れたバッグを開けると、一目散に部屋の中へ

駆け込んだので、ちょっとまだ興奮していたみたい。

まろ!って呼ぶとジャンプしながら走ってきた。

まろさん、よほど嬉しかったみたいよ。普段ジャンプなんてしないからね~。

でもなにより嬉しいのは私のほうかも。私が帰ってきて喜んでくれるのは

まろさんだけだからね。やっぱりまろさんがいないとダメだわ、私。



…そしてもう一つダメだったこと、登山後の筋肉痛が4日続きました



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
↑こちらもポチッ♪っとよろしくです

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME