「黒パグ*まろ」今日もブヒブヒですよ!

「CooL*Dogs」のモデル犬&営業部長である「まろ」との日常を綴っております。ブヒブヒっとね♪

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-23-Sun-00:15

【 いつもの日々 】 ソーイングの道具を作る

今日もぶひぶひっと。



本日のタイトル「ソーイングの道具を作る」ですが、

はっきり言ってそんなもんは手芸屋さんで買えばいいだろっ!

と思うよね。うん、私もそう思う。



しかーし!私が欲しいもので、手芸屋には売っていない物が

あるんです。それはね「糸駒」です。

糸駒とは↓このような糸の抜け殻の部分。

20111021-1.jpg

…確かにこれだけを欲しいって言う人は、なかなかいないよね。苦笑

でもね、糸は要らんのですよ、糸は。

なんせ我が家には工業用の特大サイズがゴロゴロと

転がっているもんで…。

20111021-2.jpg

↑この写真の右側の小さいのが、手芸屋さんで売られている糸。

だいたい200mくらいかな。

左側のドでかいのが工業用の糸。

うーん、このサイズで5000mくらいでしょうか。

家庭用に比べれば断然お安いので、ついついこのサイズを

買ってしまいます。…でもね、このドでかいの1本のままでは

使えないんですよ。少なくとも、ロックミシンでは

同色の糸が4本必要なんで。

だから、この特大サイズを別の糸駒に小分けするのですよ。

…ですが、そうそう使いきった糸駒が沢山あるわけでもなく、

「うーん、どうやって小分けにしようか」と…。



そこで、またいつものごとく「ないなら作ってしまえっ!」と

↓こんな道具を作ってみました。

20111021-3.jpg

まぁ、ボビンを延長した、といったところでしょうか。笑

材料はこちら。

20111021-4.jpg

ボビンと鉛筆のキャップを100円ショップで購入。

切って、貼って、できあがり!といった簡単な代物ですが

意外とイイ感じにできてるんです…。と、自画自賛!笑



こちら、どうやって使うかと言いますと

↓このようにボビンに下糸を巻く要領で糸を巻いていきます。

20111021-5.jpg

※ただし、糸に手をそえてやらないと思った所に糸が巻かれません。

巻いた糸は↓このようにロックミシンで使います。

20111021-6.jpg



…この糸駒ですが、家庭用の一般ミシンにはこのままでは

使う事ができません。なぜなら、キャップに穴があいていないから…。

↓これが通常の糸駒で、糸駒をキャップで押さえていますよね。

20111021-7.jpg

↓これが作った糸駒。キャップの先端が閊えて、糸駒を固定できません。

20111021-8.jpg

どーしても、一般ミシンで使いたい場合は、キャップの先端に

ボビンと同じくらいの穴を開ければいいんですけどね。

↓こんな感じに。

20111021-9.jpg



【注意】これ、私が自分の使いやすい道具を作っただけです。

もし真似される方がおりましたら、自己責任でお願いします。

この道具を使ったらミシンが壊れたとか言われても困りますので。

…ってことで。


20111021-10.jpg




…本日はママンの趣味ブログ。

まろさんの出番なしです。ごめん…。



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
↑こちらもポチッ♪っとよろしくです




スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。