「黒パグ*まろ」今日もブヒブヒですよ!

「CooL*Dogs」のモデル犬&営業部長である「まろ」との日常を綴っております。ブヒブヒっとね♪

2016-05-20-Fri-20:02

【 +動物病院+ 】 通院終了!

今日もぶひぶひです。



20160520-1.jpg

本日、まろさんの病院通いが終了となりました~!

獣医さんより、あと2週間ほどヒアレインミニを

点眼するように、との事です。

20160520-2.jpg

左目の傷は治りもよくて、そんなに白く痕が残らない

みたいです。よかった、よかった。



飼い主はウキウキしながら病院帰りにホームセンターによったら

かわいいサボちゃんを発見!

20160520-3.jpg

まろさんの快気祝いに?などと意味不明な言い訳をつけながら

お買い上げ~。

20160520-4.jpg

まろさんは「食えるもん買いやがれっ!」と言いたげですが、

これは、二ヶ月間毎日かかさず点眼をした私へのご褒美

って事にしておこうかな。

まろさんが頑張ったご褒美は、何かおいしいものを

食べさせてあげようかな~。…やっぱ肉がいいかな?



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
↑こちらもポチッ♪っとよろしくです


2016-04-21-Thu-01:27

【 +動物病院+ 】 抜糸

今日もぶひぶひです♪



先週の金曜日のこと。

まろさんの左目を抜糸しました。

先生が糸をプツっと切ると、目が開いて

周りをキョロキョロ見てました。

おっ!これは見えてる~!って。

20160420-1.jpg

写真は抜糸直後なので、白目が少し赤いのですが

今はもうクリクリのかわいいお目目に戻っています。

目の表面は、まだ傷の部分がちょっと凹んでいて

白っぽくなっていますが、角膜は徐々に再生してきていますので

あとは点眼薬の治療でなんとか治りそうです。

もしかしたら傷のところが少し白く残ってしまうかもしれませんが

ある程度はしかたないですね。歳のせいで白内障も少しずつ

進行しているので、見えにくくなったら私がフォローします!

大事な大事な、まろさんですから~。



それと、喉の奥のしこりですが、病理検査の結果

良性の腫瘍でした。転移や再発の心配はないとの事です。

ホッ。

腫瘍がまだ小さいうちに見つかり、たまたまタイミングよく

切除できたので運が良かったのかもしれません。

そのまま発見されず、大きくなっていったら気管が塞がれて

呼吸困難になっていたかもしれませんしね。

ひとまず危機は脱しましたので一安心です。



ぺちゃフェスが週末にせまってきましたね~。

本日もちょこっとチラ見せです。

20160420-2.jpg



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
↑こちらもポチッ♪っとよろしくです


2016-03-26-Sat-20:33

【 +動物病院+ 】 手術しました

今日もぶひぶひです。



はい、黒犬さんが手術しました。

20160325-2.jpg

やはり目の傷が深く、いつ角膜が破れて

眼球に穴が開いてもおかしくない状態でした。

左目がなんとも痛々しいのですが、点眼だけでは

治りそうもないし、うっかり目に何かが当たったら

次は完全に失明、それに目が開いたままだと雑菌が入り

二次感染で悪化する可能性もあるので、手術に踏み切りました。



手術は「しゅん膜フラップ」という縫合のやり方らしいです。

これで角膜を保護して(人間に例えると眼帯ようなものです)

点眼で角膜の再生をさせるそうです。

20160325-1.jpg

パグは呼吸器系が弱く、麻酔のリスクが高いので

心配だったんですよね。それにうちの子は高齢だし。



…案の定、手術中に獣医さんから電話がかかってきました。

まろさんは軟口蓋がとても長くて、分厚いとの事。

麻酔をかけた時に、気管をウッ!っと塞いだらしく

麻酔が覚めた時に呼吸困難に陥る可能性があるので

短く切除します、と。

あと、喉の奥に8mm位のしこり(ポリープみたいなもの)があり

切除して病理検査します、と。

悪性でガンの可能性もあるので調べるそうです。

…いろんな事が発覚してビックリだわ~。

それと、後から聞いた事ですが、鼻の片方の気道が

塞がっていて空気が通ってないとの事。

もう片方は問題はなく、鼻水もでているので

とりあえずは大丈夫だそう。

…じいちゃんになると体にガタがくるものですね~。



全身麻酔をしたついでに、ユルユルしていた歯を抜くのと、

寝ている間にまろさんが大嫌いな爪切りをしてもらうよう

お願いしました。

20160325-3.jpg

伸びきった爪がすごいキレイになりました!

お口のほうは、ダメな歯を3本抜歯しておきました

とのことでした。



目の手術だったのですが、軟口蓋切除、ポリープ切除&病理検査、

口のケアと爪切りといろいろ処置していただき、薬代を合わせて

諭吉さんが7枚ほど飛んでいきました。はぁ…。

でも、田舎の動物病院にしては良心的だと思います。

手術中の写真を見せながら細かく説明してくださり

切除した軟口蓋と抜歯した歯の現物も見せてくれました。

それって当たり前の事だとは思いますが、田舎は都会と違い

競争の原理が働かないので、適当に対処してぼったくる

というのがよくあります。なので新しい病院や業者には

警戒が必要なんです。



手術当日、終わったら電話しますので迎えに来て下さいと

言われていたのですが、家で待っていると

いてもたってもいられないので、電話がかかってくる前に

病院へ向かっちゃいました。ちょうど駐車場に車を止めた

5分後くらいに電話が鳴りました!

無事に麻酔から目覚めたとの事で、

「今駐車場にいますのですぐ行きます!」と。

1分1秒でも早くまろさんを迎えに行きたかったんですよ。

飼い主さんはみんなこんな気持ちなんでしょうね。



夜に帰宅したまろさんは麻酔の影響でグッタリイ~ヌ。

さすがに食欲はなかったですね。

翌日の朝、ヨーグルトとウェット缶を1/3ほど食べたので

食欲は戻りそう。しばらくは喉に負担をかけないように

ふやかしたフードを与えます。



抜糸は2週間後の予定。

順調に回復するのを願うばかりです。



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
↑こちらもポチッ♪っとよろしくです


2013-03-27-Wed-22:43

【 +動物病院+ 】 プチ復活!

今日もぶひぶひです。



20130327-1.jpg

月曜日にまろさんを病院へ連れて行きました。

結局のところ頬や瞼が腫れた原因はわかりませんでしたが、

抗生剤の注射を一本打ってもらったところ、その晩から

ケロッと元気になり、何事もなかったかのように晩ご飯を完食。

…いったいどうゆうことなんでしょう???

まったくもって謎なのですが、一先ず食欲はいつもどうりに

戻ったので一安心しています。

頬の腫れはまだ引いていないのですが、このまま抗生剤を飲ませ、

様子をみていれば治りそうな感じがします。



昨日も朝晩としっかり食べてくれました。

散歩も少しだけ連れて行けましたので回復に向かっています。

ただ、ここ2週間、食べたりたり食べなかったりで

10.5kgあった体重が8.5kgまで激減しており、だいぶ体力も

落ちているようです。お散歩は様子を見ながら少しずつですね。



↓本日のまろさん。

20130327-2.jpg

今日もしっかり食べました。

よし!モリモリ食べて元気になれっ!



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
↑こちらもポチッ♪っとよろしくです


HOME NEXT